モノグルタミン酸型葉酸サプリメントならコレがおすすめ!

先天異常リスクを低減できるモノグルタミン酸型の葉酸サプリならこれがおすすめ!
MENU

モノグルタミン酸型葉酸サプリメントならコレがおすすめ!

モノグルタミン酸型葉酸でおすすめはこのAFC葉酸サプリメントです。

 

価格:1,800円(一ヶ月分)

 

妊婦さんの声から作られた、天然ではなくしっかりと選び抜かれて合成されたモノグルタミン酸型の葉酸で出来たサプリメントです。嬉しいことに価格も非常にリーズナブルで、継続して飲むサプリメントとしてはコスパも非常に優秀です。

 

まさに妊婦さんのために作られたようなサプリメント。葉酸の質、コスパ、安全性、どれをとっても一番バランスの取れた葉酸サプリですね。

 

私のまわりの妊婦さんたちも愛用者多数。

 

>>AFC葉酸公式サイトをチェック!<<

 

サプリメントから葉酸を摂取することが推奨されている理由

妊活の必須アイテムとして注目されている葉酸サプ。
しかし、数ある必須栄養素があるなかで、なぜここまで葉酸の摂取が重要視されるのでしょうか?

 

その理由としてまず、妊活中に葉酸サプリメントから葉酸を摂取することで、
妊娠確率を高めるプラス効果が期待できるからということが挙げられます。

 

そもそも葉酸には、下記のような作用があります。

 

  • 造血作用(血を造り、貧血を予防する作用)
  • 細胞分裂活性化作用(脳や脊椎の癒合不全)(無脳症、脳腫瘤、二分脊椎など)
  • 先天性の神経管閉鎖障害リスクを低減する作用

 

こういった科学的データの裏付けがなされています。

 

もう一つの理由としては、葉酸がもともと摂取しづらい栄養素であるということです。
葉酸はビタミンBの一種で、水に溶けだしやすく熱に弱いという性質をもっていて、
その上からだに蓄積しにくいので、毎日こまめに意識的に摂取することが必要になってくるということ。

 

妊活中、妊娠中の葉酸摂取の目安推奨量は、一日400μgです。
緑黄色野菜や果物を1日350g摂取すると、食事で必要量をまかなえると言われています。

 

が、しかし。
食事の多様化や欧米化が進んでいる現代の日本社会で、
1日350gの野菜や果物を食べるのはとてもじゃありませんが非常に難しいです。
しかも一日だけじゃなく、これを毎日続けなくてはならないのです。

 

また葉酸2種類あり、先天性の神経管閉鎖障害リスクを低減する作用があるのはそのうち一つだけです。
そして、野菜や果物に含まれる葉酸は残念ながら必要な葉酸ではない場合がほとんど。

 

そこで推奨されたのが、必要な種類の葉酸のみで作られたサプリメントです。

 

ここで、美的ヌーボの人気の理由がわかってきます。
美的ヌーボには、厚生労働省推奨量の400μgの必要葉酸が含まれていますし、
その他ビタミンミネラルなど大事な栄養素もたっぷりとることができます。

 

しかも、サプリメントという手軽さもあり、毎日そこまで栄養バランスを考えた食事を摂取する手間も省けます。

 

 

葉酸サプリメントの男性への効果効能

次に、葉酸サプリメントは男性が飲んでも効果があるのか?
男性が葉酸を摂取することによってどのような効果が期待できるのか?という部分を見ていきましょう。

 

まず、男女関係なく、葉酸には細胞分裂の活性化の作用があるということがわかっています。
ということは、この作用が精子を作るのに影響がまったくないとは言えませんよね。
必ず葉酸の細胞分裂活性化パワーが関与していることがわかります。

 

実際、米国で非喫煙者89人を対象にした行われた実験では、葉酸をしっかりと十分に摂取していないと、
精子が染色体異常をもつ確率が高くなったという研究データが出たそうです。

 

染色体に異常がある精子というのは、基本的には貧弱です。
かりに頑張って卵子までたどしりついて受精できたとしても、
染色体に異常があると染色体異常の赤ちゃんが生まれる可能性は非常に高いわけですし、
そもそも流産しやすいと言われています。

 

そもそも、初期の流産の原因のほとんどは、この染色体異常の受精卵なのです。

 

以上のことから、男性が美的ヌーボなどで葉酸を摂取することは、
かなり妊娠を考えられている夫婦にとっては重要なことがわかると思います。

 

 

では、男性はいつ頃から葉酸を摂取するのが望ましいのでしょうか?

 

一番いいのは、妊活をはじめるだいたい3〜4ヶ月前には摂取しはじめるのがおすすめです。
精子は作られるまでにだいたい2ヶ月以上かかり、作られて貯蔵までされるのにそこから2週間ほどかかると言われているからです。

 

染色体異常の少ない精子を作るためには、そのくらいの期間は見ておいたほうが無難でしょう。

更新履歴
このページの先頭へ